江別市に事務所を構える道東ハウス工業営業スタッフが住宅に係わる全ての事を呟きます。時にはボヤキあり!

個性が光る「完成見学会」

お客様のご好意で江別市野幌駅前で、隣同士の家の完成見学会をしてる
道東ハウス工業(株)です。

この三連休で開催しておりますが、今迄で最高の人出の見学会で、お客様の切れ目がないくらいです。




同じ工法、同じ省エネ性能、同じ三角屋根の無落雪、同じメンテナンスフリーの外壁


コンセプトは同じ!
子供の代になった時にも暖房費が安く困らないこと。
完全ではなくても、出来るだけメンテナンスフリーの外壁にすること。
子供達が維持管理に困らない住宅にしたいというのが、親御さん思いでした。

二棟並んでの見学会なので、個性が光るのです。

一軒は二世帯住宅で、スッキリとカッコイイ、いわばイケメン!
もう一軒は女性的で優しくて柔らかさを感じる、組込み車庫の住宅。

同じようなものを使用しても、デザインや色を変え、外壁を変えたらここまで違う。

そんな個々の表現力を感じた二軒の家!

住宅って、性能や形だけではないのだなと
改めて思った美濃屋です。

もう性能の良さは当たり前の時代です。
いかに決められた予算のなかで「自分らしさ」を表現するか!
楽しいですね~~..。.:*・'(*゚▽゚*)' .。.:*・゜゚

明日もまだ 開催しております。

家作りに是非 美濃屋も混ぜて下さい(笑)
スポンサーサイト
2017-09-17 : 楽しいイベントのお知らせです : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

君の名は「恵子・・・」

3日4日と休みだった美濃屋はまたヤマンバに変身!
ホントは富良野岳に行く予定でした。

台風は外れてくれたけど、2000mの山では風が強いかな~。

妖怪 一反もめんにも似た体型の私、すぐ飛ばされてしまいます。て ことで
前の日の午後まで、延期にしようと言っておきながら、ヤマンバなんですよね~~
今回 風の影響が余り無さげな雨竜沼湿原の南暑寒岳1296mに行く事に。
決定~~!!

午前の部だけとても良い天気、下山は途中から、雨が降り出しました。

でもねここが900mの山の上?って言うような
絵画のような風景が広がっているのです。


これを見るために登るだけでも、結構きつくて、2時間は楽にかかります。

登れた人だけの神様からのプレゼント!
途中に白竜の滝やら、素敵な川を横目で見ながら登り、癒されっぱなしです。

登りは疲れてないしね~(^◇^;)余裕!

でね、ここからが本題に・・・
管理事務所に寄ってから登山届をかいて、環境維持の協力金を払い、
朝7時前に入山しないこと、午後5時までに下山する事など注意事項のレクチャー!

何故ならここは、ヒグマの聖域なんです。

写真が貼ってありました。
君の名は?「私 恵子!」と言ったかどうかは定かではないのですが・・・
メス熊で湿原がマイホームのようです。
もう少し上の登山道には、恋人かもしれない「寒太」が居るみたいです。
熊の掘り返しの後が至るところにあって、出来れば遭遇したくない。

美濃屋は湿原に入る前に靴を洗い笛を吹き
「恵子 入らせてね~」と大声で叫びました。

管理事務所の管理人さんが、前日に登った自然保護官の人達の話をしてくれて、
自分達より遥か前を行く登山者が通り過ぎた後に
恵子か寒太がわからないけど、登山道を横切ってるのを見た。と言ってたそうです。

登山者は知らないだけで、熊さんも左右を確認して、人間にわからないようゆっくり反対側の森に・・・
気を使ってるんですね。

「私達は山にいるよ!」と存在を示しながらも 配慮しあっていると思ったんです。
そんな山だったんですよ。
山によっては、とても怖さを感じる事もあります。

下りてきたら19㎞近くあり、休憩を抜いても7時間はかかりました。

クタクタになりました。

登りには、また来よう!って言って
帰りは もういいわ!って言って

翌朝はもう一回 登りたい!って言う
訳のわからない事言う ヤマンバ


どっちなんだよ。

はい また 行きます(小声)( ̄^ ̄)ゞ
2017-09-05 : ファイナンシャルプランナーの美濃屋です。 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

更なる快適を目指して

ム フフフフフフ・・・どこまでも続く含み笑い バージョン2!

お盆休みに十勝岳を登るため買ったテント

標高が高いキャンプ場だったため、朝晩ガスがかかると霧雨になり
テントに入りきらないものがびしょ濡れ状態!

この日除けテントは、パッと投げるだけで開くし、しかも美濃屋でさえ勇気がなくても買える。
ただし元に戻すのはコツが要る代物。
スポーツ用品店のお兄さんも、レクチャーしてくれたけど出来なくて、
もう一人助っ人を呼んで、何とかしまい方がわかりました。

しかし これを覚えていられるかどうか
・・・・( ˘ω˘ )
ま そんなことは別として

ここでまったりコーヒータイム出来るし、食事の時の風よけにもなるよね。
いちいち車に物を取りに行かなくてもいいし。

この次の富良野岳が楽しみです。

ヤマンバ 絶好調!!
2017-08-20 : ファイナンシャルプランナーの美濃屋です。 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

ヤマンバのトライアスロン

14日午後から出掛け、15~16日まで登山天気も良さげなので、美瑛まで登山三昧!


・・・・するはずだったのに、天気予報は1日ずつズレて、14日 夜には軽い雨

それでも甥っ子と友達を連れて四人で和気あいあいでした。

朝 起きると天気を見て、甥っ子と友達は帰ると言うし、
美濃屋と妹のヤマンバ姉妹も思案に暮れました。
天気予報を信じ、とりあえず十勝岳に行ってみる事にしました。
少し明るくなってきたので、もしかしたら晴れて来るかもなんて淡い期待したりて。

甘かった~~山はそんなに甘くない。

霧雨はずっと続き、噴火の時の火山灰が雨で沢山の登山者に踏まれ
粘土のようにネチネチになって、滑るのなんのって W(`0`)W
火山岩がゴロゴロだし、すぐ転びそうになる。

沢山の人達が登っていたので、心配はなかったけれど、山の厳しい側面を体験しました。
今 山をどのくらい登ったかがわからず、
これが頂上?って何度思ったか。


三回目に「きっとあそこだ」と思って、
降りて来る人に聞いたら、「これから最後のお楽しみだよ~」だって :(;゙゚'ω゚'):

めげたかったし、もう降りたかった。

霧雨でびしょ濡れ状態です。

それでも 頂上に着きました。
ヤマンバ 初の2000m越。ᕦ(ò_óˇ)ᕤ

急いでお湯を沸かし、カップメン食べて下山開始!

長かった~~ 景色が見えないと辛いものです。
下の方は雨が上がっていました。

クタクタになりヒザにきてたので今日は朝の天気と疲れ具合を見てから、
富良野岳に登るかどうか決めようと思ってました。
でもまた朝起きるとまた霧雨。何も見えない。
仕方なくテントを畳み、また懲りもせず、少し明るくなったので、
富良野岳登る登山口にいってみたんです。

「おお~スゴイ!キレイ!登りたい!」
でも着替えもないし、町まで行かないと食べる物も足りない。

今回は見るだけ!改めて準備を整えてからにします。

それでまた また 帰りたくない病!高山病の一種です。(笑)

時間はまだ9時過ぎ、美馬牛に行って電動自転車に乗ることにしました、

千代田の丘まで行こうと二時間借りて、出発。

なんか、なんか道間違ったみたい。

戻ってみたけど、やっぱり違う。
思わぬとこで、時間ロス。
これはフルで漕いで帰るしかない。
美瑛の丘を駆け巡りました。
二時間 坂を登り下りして、返脚時間1分前に到着!
やれやれ~~ まるで太ももの筋トレした感じです。゚(゚´ω`゚)゚。
天気も回復してきたし、近くの余り人の来ない公園でインスタントラーメンでお昼。
あまりに暑くなってきたので、公園で濡れたテントetc 干す事にしました。
非日常の中に日常が顔を出す。(//∇//)


登山して、ババチャリして、濡れたものを手際よく干して
ヤマンバのトライアスロンのような休みは終わりを告げたのてす。
雨が降っても、辛くても楽しい休みでした。 完










2017-08-16 : ファイナンシャルプランナーの美濃屋です。 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

喜びはテントと共にやってくる

ふふふふふ・・・・・・
どこまで続くこの含み笑い(๑˃̵ᴗ˂̵)


これ なあ~んだ、見ればわかるよね。(笑)
14~15日は富良野岳に縦走予定の美濃屋です。
某スポーツ用品店で有名メーカーの二人用テントの安売りをしてて、
とうとう 買っちゃったんです~~

早速 テントを一回 組立て、もう一回
一人でも建てられかどうか、トレーニング!
一人で 出来たよ。

この歳になってテン泊するのに、テント買って来る、
ヤマンバ 最高~~♪(*^^)o∀*∀o(^^*)♪


天気も3度目の正直で曇り晴れ!

ワクワクしますね。

今度は 何が起こるかな。

美濃屋 住所不定になる日も近し。(笑)
2017-08-11 : ファイナンシャルプランナーの美濃屋です。 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム  次のページ »

招き猫

プロフィール

道東ハウス工業(株)

Author:道東ハウス工業(株)
営業の紅一点 ファイナンシャルプランナーであり、雑用係の美濃屋です。
イベントや、日常の出来事、チョッとためになる話など 発信して
いきたいと思います。  猫と寝るのが、大好きな年齢不詳、性別もあやふやな、好奇心の塊のような人間です。

くろねこ時計

検索フォーム

QRコード

QR